2023年8月14日
【動画解説あり】Zoomウェビナーの基本的な使い方と配信

Zoomウェビナーは企業に、高いマーケティング効果をもたらすでしょう。Zoomウェビナーを開催する企業は、顧客や見込み客とインタラクティブな関係を構築することができます。Zoomウェビナーの基本的な使い方と配信を成功に導く方法を解説します。

 

TABLE OF CONTENTS

【動画解説あり】Zoomウェビナーの基本的な使い方と配信を成功に導く方法を解説

企業のマーケティングではオンライン・イベントの需要が高まる一方ですが、そのなかでZoomウェビナーは消費者や顧客、見込み客、ユーザーと交流したり情報共有したりできることから、重要なマーケティング・ツールになっています。では、Zoomウェビナーを開催すればすぐにマーケティング効果が得られるのかというと、もちろんそのようなことはなく、Zoomウェビナーを成功に導くには事前の準備と正しい操作が欠かせません。本記事では、Zoomウェビナーの基本的な使い方から配信のポイントまでをわかりやすく解説します。すぐに実践できるヒントも提供していきます。Zoomウェビナーを成功させ、効果的なマーケティングを実現するためのステップを一緒に学んでいきましょう。

 

Zoomウェビナーの基本を理解する

Zoomウェビナーの基本を理解することは、オンライン・マーケティングの重要な一歩です。ウェビナーは、リアルタイムで参加者とコミュニケーションを取りながら情報を共有するオンラインセミナーです。Zoomウェビナーは、特に企業がターゲットオーディエンスに対して有用な情報や価値を提供し、ブランドの知名度を高める手段として利用されています。まずはZoomウェビナーの基本知識を紹介していきます。

 

ウェビナーとは、Zoomウェビナーとは

「そもそもウェビナーのことをよく知らない」という人向けに、ウェビナーとZoomウェビナーについて説明します。ウェビナーの名前は、Webサイト上のセミナーということでつけられました。ウェビナーのことをオンライン版セミナーと理解してください。企業はこれまで、リアルの会場でセミナーを開き、そこに消費者や顧客、ユーザーを招待して商品やサービスの説明をしたり、これからの事業字内容について解説したりしてきたと思います。しかしITとインターネット技術が進化したことで、Web上でセミナーを開催しても、リアル会場のセミナーと遜色ない内容にすることができるようになりました。そこにZoomが登場したわけです。Zoomがその優れた機能によってインターネットを使ったコミュニケーションに革命をもたらしたことを周知のとおりです。それまでのインターネット会議システムは設定に手間がかかったり、画質や音声が不鮮明だったりと、プライベートのコミュニケーションには使えてもビジネス用には使いづらいものでした。しかしZoomは事前の準備がほとんどいらず、画質も音声も明瞭。数回クリックするだけで相手とインターネット・ミーティングを開催できます。企業のなかにはZoomがあったからリモートワークを選択できた、というところもあるでしょう。もちろんZoomを使うのにライセンスは不要です。Zoomウェビナーは、そのZoomの機能の1つです。Zoomのインターネット会議システムを拡大して、不特定多数が参加するウェビナーに対応できるようにしました。他社もウェビナー・ツールを開発、提供していますが、使いやすさでも知名度でもZoomウェビナーは頭1つ抜けた存在ということができそうです。なおZoomウェビナーについては後段でも追加的に補足説明しています

 

目的を明確にする必要がある

Zoomウェビナーでマーケティング効果を得るには、開催する企業が明確な目的を持っておかなければなりません。Zoomウェビナーは目的を達成するための手段にすぎないからです。目的は個々の企業で自由に決めることができるわけですが、例えば、マーケティング目標を達成する、ターゲットオーディエンスに的確に情報を届ける、新商品や新サービスを紹介する、専門知識を顧客と共有する、などがZoomウェビナーの目的になりえます。

 

コンテンツが命、準備は周到かつ入念に

Zoomウェビナーは、コンテンツを提供する媒体、とみなすことができます。したがってZoomウェビナーのコンテンツは、参加者にとって価値あるものにしなければなりません。マーケティングの観点からトレンド情報や業界のインサイト、新製品・サービスの情報など、参加者が興味を持つ内容を用意して、コンテンツに仕上げていきましょう。

 

プロモーションをして登録者を増やす

ウェビナーの本質はセミナーです。リアルのセミナーにおいて会場に参加者が少ししかいなかったら、どれだけ有益な情報を提供できてもそのセミナーは失敗の烙印を押されます。同じことはZoomウェビナーについてもいえ、したがってウェビナーの成功には一定数以上の参加者が必要です。主催企業は参加者を増やすために適切な宣伝やプロモーションを行いましょう。

 

相互性(インタラクション)を活性化させる

Zoomウェビナーは、消費者・顧客・見込み客・ユーザーとの相互性=インタラクションを活性化させるのが得意なツールです。インタラクションが活性化されると、顧客のロイヤリティが高まりブランディングの成功につながりやすくなります。Zoomウェビナーがインタラクション性を持つのは、チャット機能や質疑応答セッション、アンケート機能などがあるからです。これらの機能を使って参加者から質問や意見を受け入れることで、より強く参加者の関心を引くことができるようになります。

 

プロフェッショナルなプレゼンテーション

Zoomウェビナーにおいてプレゼンテーションは、コンテンツと同じぐらい重要です。参加者はプレゼンの内容によって、企業の信頼性や専門性を測ります。Zoomウェビナーのプレゼン担当者は、わかりやすいスライドや魅力的な話し方、専門知識の共有に努めましょう。そしてプレゼンテーションの方針が決まったら、担当者は別の人にチェックしてもらうようにしましょう。チェックしてもらうことによってプレゼンテーションをブラッシュアップすることができます。

 

レポートと分析

Zoomウェビナーはマーケティング・イベントととらえることができます。そしてZoomウェビナーのマーケティング効果は、イベントを終えたあとも継続するところが魅力的です。それはZoomウェビナーの参加者の行動がデータとして残るからです。企業のマーケティング担当者は、Zoomウェビナーが終了したら参加者の反応や成果をチェックして分析しましょう。参加者からのフィードバックや参加者たちのZoomウェビナー内での行動に関するデータには、マーケティングのヒントが眠っているはずです。マーケティング担当者がそれを掘り起こすことで、新しいマーケティングを思いつくでしょう。Zoomウェビナーは企業に、効果的な情報発信の機会とターゲットオーディエンスとの接触機会の両方を提供します。ウェビナーの基本的な使い方を理解し、適切な準備と戦略を組み立てることで、企業はブランドの強化や顧客とのエンゲージメント向上につなげることができるでしょう。

 

ZoomウェビナーとZoomミーティングとの違い

ここで予備知識として、ZoomウェビナーとZoomミーティングの違いを説明します。ZoomウェビナーもZoomミーティングもZoomを使ったオンライン・コミュニケーション・ツールなわけですが、異なる用途や特徴を持っています。結論を先に紹介すると、どちらにも一長一短があるわけですが、企業のマーケティングにはZoomウェビナーのほうが有利です

 

Zoomウェビナーとは

Zoomウェビナーは、オンラインセミナーやイベントを主催・開始・運営し、大規模なオーディエンスに向けて情報を提供するためのツールです。主催・運営企業がプレゼンテーションを行い、参加者はリアルタイムで情報を受け取ることができます。Zoomウェビナーは、参加者との対話を促進するチャットや質疑応答機能を備え、参加者とのエンゲージメントを高めることができます。

 

Zoomミーティングとは

一方で、Zoomミーティングは、小規模なチームやグループのコラボレーションや会議のために使用されるツールです。一般の人がイメージするZoomは、Zoomミーティングです。Zoomミーティングの主な目的は、参加者どうしが対話し、情報を共有することです。画面共有やホワイトボード機能を使うことで、参加者相互のコミュニケーションが深まります。ターゲットオーディエンスが少数の場合はZoomミーティングでウェビナーを開催することもできますが、そのマーケティング効果は限定的といわざるをえないでしょう。

 

なぜ企業のマーケティングにはZoomウェビナーのほうが有利なのか

なぜ企業のマーケティングでは、ZoomウェビナーのほうがZoomミーティングより有利であるといえるのか。その理由を解説します。Zoomウェビナーはそもそも主催者と参加者を想定しています。この点はリアル会場でのセミナーとまったく同じです。つまりZoomウェビナーは、主催者が参加者に効率的に情報を提供するには何が必要か、と考えてつくられているのです。企業のマーケティング担当者が顧客と専門知識を共有したいと考えたとき、Zoomウェビナーを使うと簡単にその目的を達成することができます。

 

企業が顧客とのエンゲージメントを深めやすい

Zoomウェビナーには参加者との対話を活性化する機能が備わっていて、これが顧客とのエンゲージメントを深めます。対話機能には、質疑応答やアンケート、クイズなどがあります。対話機能は企業と顧客との関係を強化し、ブランドの信頼性を向上させることができます。大規模な情報発信、専門知識の共有、参加者とのエンゲージメント、顧客獲得などの面で、Zoomウェビナーは企業のブランド構築や成果向上に貢献するでしょう。

 

Zoomウェビナーの配信を成功させる方法

Zoomウェビナーの配信を成功させる方法を紹介します。

 

手順を押さえよう~11のステップで基本は完成

Zoomウェビナーを成功させるためには、綿密な計画(プラン)と適切な準備が欠かせません。Zoomウェビナーを開始する手順を解説します。以下の11のステップを確実に進んでいくことで、Zoomウェビナーの基本が完成します。

  • ステップ1:アカウントの準備

まずZoomアカウントを作成し、ウェビナー機能を利用できるように設定します。

 

  • ステップ2:ウェビナーの作成

Zoomダッシュボードにログインし、ウェビナーを作成します。基本情報、イベント日時、タイトル、説明などを入力します。したがってZoomウェビナーを開催するにはスケジュール管理が必要になります。

 

  • ステップ3:ウェビナー設定のカスタマイズ

ウェビナーの設定をカスタマイズします。参加者がカメラやマイクを使用できるかどうか、チャットや質疑応答の許可などを設定します。

 

  • ステップ4:ウェビナー招待リンクの生成(準備)

ウェビナー招待リンク(URL)を生成し、参加者に送信できるように準備します。

 

  • ステップ5:目的とターゲットオーディエンスの決定

ウェビナーの目的とターゲットオーディエンスを明確にしましょう。情報提供、教育、プロモーションなどの目的を設定します。

 

  • ステップ6:イベント日時の選択

ターゲットオーディエンスの都合を考慮して、最適な日時を選択します。週末や夕方など、参加しやすい時間帯を検討しましょう。

 

  • ステップ7:タイトルの設定

ウェビナーの内容を簡潔に表すタイトルを設定します。興味を引き、参加者の関心をひきつけるタイトルを考えましょう。

 

  • ステップ8:参加者リストの作成

ウェビナーに参加する予定の参加者リストを作成します。これには顧客、クライアント、従業員などが含まれる可能性があります。

 

  • ステップ9:招待メールの送信

Zoomウェビナー招待リンクを含む招待メールを参加者に送信します。メール内でイベントの詳細や登録方法を説明しましょう。

 

  • ステップ10:登録フォームの作成

参加者に登録フォームを提供し、必要な情報(名前、メールアドレスなど)を収集します。これによって参加者の情報を管理し、将来のマーケティング活動に役立てることができます。

 

  • ステップ11:参加者の確認とリマインダー

ウェビナー前に参加者に確認メールやリマインダーを送信してイベントの開始のリマインドを行います。

以上の手順を実行することで、ウェビナーのスムーズな開催と参加者の招待・登録管理を行うことができます。

 

基本を押さえたら応用編へ、その1~ホスト役に徹する

Zoomウェビナーの基本を押さえたら、応用編に挑戦してより高いマーケティング効果を獲得していきましょう。Zoomウェビナーを成功に導くには、主催・運営企業はホスト役に徹する必要があります。単なる主催者でも、何たる運営者でも、単なる進行役でもないのがホスト役です。高度なコミュニケーション・スキルを駆使して最上級のおもてなしを提供するのが、ホスト役の務めです。Zoomウェビナーは大量の出席者を集めて一気に情報提供できる優れたツールですが、しかし出席者が「十分なもてなしを受けてない」と感じたら、その人は簡単にZoomウェビナーを離脱していきます。したがってホスト役は、出席者1人ひとりに気を配るぐらいの気持ちでZoomウェビナーに臨まなければなりません。そのためにはコンテンツの内容を吟味したり、コミュニケーションの取り方を工夫したりする必要があります。

 

基本を押さえたら応用編へ、その2~パネリストを用意して内容充実

応用編その2はパネリストを用意することです。企業は自社商品・サービスをPRするためにZoomウェビナーを開催するわけですが、その進行や運営が企業の従業員だけで行われていたら参加者に見透かされてしまいます。そこでZoomウェビナー内のイベントとしてパネリストによる発言の機会を用意すると、商品やサービスのPRに客観性が加わります。

 

インタラクションを高めるZoomウェビナーの進行とは

すでにインタラクション(相互性)については触れましたが、Zoomウェビナーの核心に触れる部分でもあるのであらためて解説します。インタラクションを高めるには、Zoomウェビナーの進行に一工夫加える必要があります。そこでポイントごとに、主催企業のマーケティング担当者がすべきことを解説していきます。

 

マーケティングにおけるインタラクションの重要性とは

インタラクションがマーケティングにおいて重要になるのは、顧客との双方向の関係を築くことができ、信頼と共感を生み出すことができ、顧客のニーズを把握でき、マーケティング戦略を最適化する鍵となるからです。そのためZoomウェビナーを開催する目的を、顧客とのインタラクションを高めるため、としてもよいくらいです。

 

ポイント1:プレゼンテーション

Zoomウェビナーの主題に基づいたプレゼンテーションを行います。クリアでわかりやすいコンテンツを提供し、参加者の興味を引きましょう。そのためにはプランを十分練ることが大切です。興味はインタラクションのスタート地点です。プレゼンはとても重要なので、後段でもう一度解説します。

 

ポイント2:チャット機能の活用

参加者とのリアルタイムなコミュニケーションを促進するため、チャット機能を活用します。参加者からの質問やコメントに返信し、対話を生み出します。質問やコメントは、インタラクションの具体的な行動の1つです。

 

ポイント3:質疑応答セッション

Zoomウェビナーの途中や最後に質疑応答セッションを設け、参加者からの質問に答えます。参加者の興味や疑問に対応することで、より価値ある体験を提供します。主催企業が参加者からの質問に答えることで、インタラクションの1ターン(1往復)が終了します。1ターンの回数を増やすことでインタラクションが充実していきます。

 

ポイント4:投票やクイズ

参加者の関与を高めるために、投票やクイズを導入します。参加者に参加感を持たせ、楽しみながら学ぶ機会を提供します。企業のマーケティング担当者は、Zoomウェビナーの進行と参加者とのインタラクションをしっかり管理することで、参加者の満足度を向上させマーケティング効果を生み出すことができます。

 

プレゼンテーションの共有方法

Zoomウェビナーの成功には、細かい配慮も欠かせません。ここではプレゼンテーションの提供方法や、チャット機能と質疑応答の活用、エンゲージメントの向上策について説明します。

 

スライドや画面はどんどん提供しよう

すべての参加者がプレゼン内容を完全に理解したとき、Zoomウェビナーは成功した、といえます。もちろん全員に完全に理解させることはできませんが、そこに1歩でも近づきたいものです。パワーポイントやキーノートなどのプレゼンテーション・ツールで作成したスライドは、惜しみなく、むしろ積極的に参加者に提供しましょう。参加者はスライドをみながらプレゼンテーションをフォローできますし、Zoomウェビナーが終わったあとに復習してもらえるかもしれません。さらにWebサイトのページやアプリケーションなどの画面も、どんどん参加者に表示していきましょう。ホワイトボード機能を使用して手書きの図やメモを作成したら、それも参加者に配布してしまいます。

 

チャット機能と質疑応答の活用

チャット機能と質疑応答は、参加者とのリアルタイムなコミュニケーションを促進し、相互の対話を支援します。Zoomウェビナーのチャット機能を使えば、主催者と参加者との間でチャットを通じたコミュニケーションができます。質問やコメントのやり取りが可能で、参加者どうしの交流も生まれます。Zoomウェビナーの途中や最後に質疑応答セッションを設け、参加者からの質問に答えます。主催企業が参加者の疑問や関心事に対応することで、自社商品・サービスを深く理解してもらえます。

 

エンゲージメントの向上策

参加者のエンゲージメントを高めることは、Zoomウェビナーの成功の鍵です。エンゲージメント向上戦略を紹介します。投票やクイズを導入すれば、参加者に参加感と楽しさを提供できます。参加者がアクティブに関与することで、興味を持ってウェビナーに参加する動機になるでしょう。参加者が賛成・反対・質問などを、手を上げて示すハンズアップ機能を使用することで、リアルタイムなフィードバックを得ることができます。ウェビナー中に交流タイムを設けて、参加者どうしのコミュニケーションを促進してもよいでしょう。ブレイクアウト・セッションやグループ・ディスカッションは、参加者どうしの関係を構築します。

 

プロフェッショナルなプレゼンテーションの重要性

Zoomウェビナーの成功には、プロフェッショナルなプレゼンテーション技術が欠かせません。プレゼン技術とは、クリアでわかりやすいスライド・デザイン、適切なペースやトーンでの話し方、適切なアイコンタクトや手振り身振りなどのことです。プレゼンテーションは情報の伝達だけでなく、主催者の信頼性や専門性を示す手段です。司会者が自信を持ってプレゼンすれば、参加者の関心を引くことができ、ウェビナーの効果が最大限に引き出されます。

 

プレゼン能力を高める方法

プレゼン能力を高めるには次の3点を意識するとよいでしょう。

  • プレゼンで意識すべきこと1:構成を明確にして伝えたいポイントを強調する

プレゼンの成功は、明確な構成と伝えたいポイントの強調から始まります。まず、プレゼンの構成を整理し、序論、本論、結論の流れを明確にします。重要なポイントは明瞭に強調し、シンプルで具体的な例やデータを使用して説明します。参加者が大切な情報を理解するために、論理的でわかりやすいストーリーをつくりましょう。

  • プレゼンで意識すべきこと2:自信と準備が大切

自信を持ってプレゼンを行うためには、しっかりと準備をすることが重要です。プレゼンの内容やフローを把握し、練習を繰り返して慣れることで自信を養います。また、質問に備えて情報を深く理解し、自信を持って回答できるように心がけましょう。プレゼンの前にリラックス法を試し、緊張を軽減することも効果的です。

  • プレゼンで意識すべきこと3:視覚的なアピールとインタラクション

プレゼンでは話し言葉だけでなく、視覚的なアピールとインタラクションを通じて興味を引くことが重要です。魅力的なスライド・デザインを使用し、さらに図やグラフを多用して情報の視覚化に努めます。また、プレゼンターはジェスチャーや視線を使って聴衆とのコネクションを強化し、質問やディスカッションを促進してインタラクティブな環境をつくり出します。

 

録画とアーカイブの管理について

Zoomウェビナーを録画してアーカイブに保存することで、Zoomウェビナーに参加できなかった人や再視聴を希望する人に再放送を提供できます。録画では、高品質なオーディオと映像を確保し、スライド共有も含めた全体の体験を再現することが重要です。アーカイブはWebサイトやプラットフォームに簡単にアクセスできるようにして、参加者が簡単に情報に獲得できるようにします。

 

アンケートやフィードバックのフォームの送信

今回のZoomウェビナーが失敗しても、そこから改善点をみつけることができれば次回のZoomウェビナーを成功させることができます。そのためZoomウェビナーではアンケートとフィードバックを行いましょう。アンケートやフィードバックのフォームを参加者に送って、Zoomウェビナーの内容やプレゼンテーションの質、インタラクティブな要素などについて意見を集めます。この情報を元に、次回のウェビナーの企画や実施方法を向上させることができます。

 

まとめ~Zoomウェビナーの可能性を信じて

Zoomウェビナーの基本的な使い方と配信を成功させる方法を解説しました。Zoomの操作に慣れていない人や、Zoomウェビナーを知らなかった人は、「成功を収めるにはこんなにやることがあるのか」と驚いたかもしれません。Zoomミーティングを使うと簡単にインターネット会議を開催できるので、「Zoomウェビナーも簡単だろう」と高をくくっていると失敗してしまうでしょう。しかしZoomウェビナーは、高いマーケティング効果を生み出すことができるツールなので、壁を乗り越える価値は十分あります。企業のマーケティング担当者はぜひ、Zoomウェビナーの可能性を信じて関連スキルを獲得していってください。Zoomウェビナーはマーケティングの武器になります。

TABLE OF CONTENT

疑問点、不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。